PHPのArray型をJSON変換する際の注意点

お久しぶりです。最近投稿をしていませんでしたが、気が向いたときに更新しようと思います。今回はPHPのArray型のJSON変換する際の注意点を記載しております。また、今回からPaizaIoを使用させていただこうと思います。

環境「PHP:8.1.9」

まず、PHPのArrayのドキュメントはこちらになります。

PHP の配列は、実際には順番付けられたマップです。マップは型の一種で、 キーに関連付けます。 この型は、さまざまな使い道にあわせて最適化されます。 配列としてだけでなく、リスト (ベクター)、 ハッシュテーブル (マップの実装の一つ)、辞書、コレクション、スタック、 キュー等として使用することが可能です。

Copyright © 2001-2024 The PHP Group

上記の内容を見るとPHPの配列はいろいろな使用ができるように思います。

注意点

まず正常のArrayとして使用する場合

想像通りの結果になると思います。

Keyを指定してデータを入れる

一つでもKey(文字列)を指定してデータを入れるとJSONではObjectとして扱われるようになります。

Keyの順番が正しくない場合

ArrayのKeyの順番がおかしくない場合(反転・抜けてる)場合もJSONではObjectになるようです。

まとめ

今回はPHPのArrayのJSONとしての扱いについて記述しました。自分も開発中少々こんがらがったので、ここに共有しておきます。

いろいろな型が混ざってArray型になっているようなので、このように混合してしまうのは仕方ないのかな?と思いました。

今回初めてPaiza.ioを使用させていただきました。とても便利ですよね。。。w

コメントする